「ファスティングダイエット」とは?そのやり方と効果を解説

雑記

「ファスティングダイエット」を聞いたことありますか?痩せたいという悩みを持った方にこの「ファスティング」というダイエット法のやり方をはじめ効果はあるのか?危険性はないのか?などの解説をしていきます。また僕も実践している「ファスティング」のやり方も載せますので興味を持ってくれた方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ファスティングダイエットとは?やり方を解説

まず「ファスティングダイエット」とは一体どのようなダイエット方法なのでしょうか?「ファスティング」これは日本語でいうと「断食」の意味にあたります。一定期間食事をとらない事によって体重を落とす方法になります。これを聞いた方は「そんなの当たり前じゃん」「でもできるわけないよ」「餓死したらどうするんだよ」っていうかもしれません。ただやり方を間違えずおこなえば、ダイエットはもちろん健康や美容にも効果があるとされているものになります。
実際のやり方ですが、オススメは「週末のプチ断食」になります。
僕も実際たまにやっているやり方を紹介します。
まず平日は普通の食生活を送ります。ここで重要なのは普段からあまり食べ過ぎないように心がけるという事です。普段から食べる量が多いといざ断食するのはつらいですし、断食が終わった後食べ過ぎてしまいリバウンドにつながってしまう恐れもあります。
そして週末土日のどちらか一日を「断食」期間に当てます。自分の場合、前日お酒を飲んだりした場合次の日「断食日」にするパターンもあります。「断食日」は水とブラックコーヒーしか飲みません。(炭酸水はオススメです。もちろん甘くないヤツ)とにかく胃を空っぽにする感じですね。どうしても我慢できない方はヨーグルトとかとにかく消化の良いものであればギリギリセーフにしますので(笑)それで我慢してください。
「断食日」明けのポイントですが、ここでがっつり食べてしまうのはよくありません。胃腸もビックリして負担をかけてしまうので消化の良いものをなるべく噛んで食べましょう。その後また平日に戻っていきます。こんな感じで一週間を過ごしていきます。
平日はやっぱり仕事もあるのでなかなか食べない事で集中力が落ちるとか貧血になったらどうしようとか不安もあると思うので週末にやるのはオススメですね。

ファスティングダイエットの危険性について

次に「ファスティングダイエット」の危険性や注意点について解説していきます。
まず上記でも少し説明しましたが、「週末断食」の注意ポイントは3つ!
①普段から食べる量を適量にする
②「断食日」は何も胃に入れない
③断食明けの暴飲暴食は絶対にしない

以上ですね。特に③は内臓にかなり負担がかかりますので注意してください。
また短期間で痩せようと断食期間を多くとるのもオススメできません。例えば好きな人とのデートがあるからデートの日の3日前から何も食べないなど、栄養を取らない期間が長くなるのは良くないですし、リバウンドの可能性も高いと思います。

ファスティングの効果は?実際にやっている感想

最後にこの「ファスティングダイエット」にはどのような効果があるのでしょうか?

食生活の改善によるダイエット効果

まずはダイエットの効果になりますが、確かに断食日明けは結構体重が落ちていますがそれは一時的なものになります。それだけ普段体の中にいろいろなものが溜まっているのでしょう。本来のメリットとしては食生活が断食を取り入れる事で意識的に変わり、適量食べる事が習慣化し、体重が適正になる事なのです。

内臓を休め、疲労回復

何か疲れが取れない、体が重いという方は内臓疲労の可能性があります。「断食」をすることで普段フル回転している胃腸を休ませる事ができます。実際にやってみると体の軽さや寝起きの良さが実感できるでしょう。

美容や健康にも効果的

普段消化に使われるエネルギーが「断食」によって、他の機能に使われ、老廃物の除去などデトックス効果や免疫力のアップなどにも効果があるとされています。

まとめ

  1. 「ファスティングダイエット」とは「断食」を取り入れたダイエット
  2. オススメは「週末プチ断食」!
  3. 食生活改善や内臓疲労の軽減などの効果あり!

いかがでしょうか?僕も昔までは週末酒飲んだりお腹いっぱいがっつりした料理食べてなんか疲れが残ったままでしたが、「断食」をして体を整えるようにしてから、疲労感がなくなり体調も良くなり、体重も比例して無理なく落とす事ができています。良ければ記事を参考に「週末プチ断食」してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました