【今から始める】お金を貯める方法【オススメ手順】

雑記

「なぜかお金が貯まらない」「これからお金を貯めよう」と大人になってからお金に対して真面目に考えるようになった方も多いのではないでしょうか?僕自身も若い頃は給料が入ったら欲しい物や遊びにお金を好きなだけ使う生活をしていました。しかし年を重ねると急にお金の大切さや将来の事を考えるようになってお金に対する考え方が変わりました。娯楽ばかりに使っていたお金も貯金や投資に回すようになり、少しずつ勉強もしながら結果も出てきています。そんな僕が「お金を貯めるコツ」「実際に僕がお金を貯められた方法」について解説をしていきます。

スポンサーリンク

お金の貯め方

僕がお金を貯めようと思った理由

僕が実際にお金を貯めはじめようと思ったのは30歳手前でした。20代の頃はほとんど貯金もなく遊びや欲しい物などに給料を使っていました。ギャンブルも多少やっていてその月のお金が足りず、クレジットのキャッシングなどもしていて貯金をしっかりするという思考自体がありませんでした。そんな時ふと「なんかこのままだとヤバい」と思い、お金について興味を持ち本やブログ、動画などで勉強をするようになりました。当時は自分の貯金額が世代の平均より低いと知って焦ったり、20代のお金の使い方に後悔をしたりしました。もう過去には戻れないのでしょうがないですが、途中で気づけてよかったと思います。

僕がお金を貯めた方法

当時まず僕がやったことは「長期の目標設定と計画」でした。まず目標は「年間100万貯金する事」として、それを可能にするにはどうすればいいのかという事を計画する事からはじめました。なぜ年間100万なのかは単純にキリが良かったのと、例えば年間10万とかだと10年で100万…30代40代50代と働いても300万しか資産がないのは少ないと思ったからです。一応会社員として働いていて収入はあるので、そこから貯金計画をしました。
まず月3万の貯金を設定しました。すると年間…月3万×12か月で年36万。64万足りないので年2回のボーナスを32万ずつ貯金に投入して年100万貯金する計画をしました。最初はお金を使いたい欲と貯金ができている達成感との間で揺れましたが、本などを読んで勉強しているとお金に対する思考も変わってくるので徐々にお金を貯める事が習慣化されていきました。
ちなみに貯金については対策した事として、まず「貯蓄用口座」を作ってキャッシュカードは発行せず、窓口じゃないと下ろせない仕組みにしました。これはかなり有効だと思います。すぐ下ろせる状態にあると普段は堅い意志を持って貯金に励んでいても、お酒を飲んでいたり、友達と遊んだノリで開放的になっているとその思考が薄れてしまう事があり、その一瞬の感情が計画を狂わせてしまう事があるからです。
また収入が入ったら貯金を一番に優先するという事も重要です。月の給料が入ったらまず3万貯金、ボーナスが出たらまず銀行に向かう、これを徹底しました。貯金してしてしまえば下ろすのが面倒なので、これである程度成功になります。貯金を仕組み化するというのが一番大事なのだと思います。

お金を貯めるオススメ手順

それでは次にお金を貯め方について詳しく解説をしていきます。

目標設定と計画

まずは長期的な目標設定とその目標が達成できるのか計画をしていきます。
最初に目標設定ですが、自分が「いつまで」「いくら」貯金していたいのか考えます。これは自分は今何歳なのか、どのくらい貯めたいのかによって変わってきますのでよく考えてみてください。老後の為にお金を貯めるのか、家を建てる為に貯めるのか、何の為にお金を貯めるのかも重要かもしれません。よくわからない、考えられないという方はまず僕と同じように100万などキリのよい金額でやってみてはどうでしょう。区切りとしては最終的な金額、年間の金額くらいを決めると良いです。
目標が決まったら計画をしていきます。まず収入がないと貯金はできません。何でもいいので収入源を見つけてください。貯金は「習慣化」が重要なので収入も安定的なものが一番です。収入がある方はその収入で目標が達成できるかシミュレーションしていきます。無理して貯金するのはよくありませんし、絶対に継続できないです。目標が達成できないようであれば目標を下げましょう。どうしても目標を達成したければ収入を上げるしか方法はありません。ここで一番優先にしてほしいのは「継続して貯金ができる仕組みを作る」という事です。収入は将来上がる可能性もあるので、目標は途中で上げる事もできます。どんなに収入が上がっても貯金を習慣化できていない人はお金を貯める事ができないと思います。安定しているから継続できる、無理しない等身大の自分にあった計画を始めをしていきましょう。

貯蓄用口座を作る

普段日常生活で使っている口座で貯金をするのはよくありません。しっかり「貯蓄用口座」を作りましょう。口座を作るときのオススメとしてはキャッシュカードを作らないという事です。通帳しかなければお金を下ろすとき、わざわざ平日の日中に窓口までハンコを持って行って並ばないといけません。簡単にお金を下ろせなければ、ちょっとした誘惑や気分で貯金をやめてしまう事もないと思います。また別に口座を作っておくことで、生活費などと区別できて貯金がいくらなのか明確になります。しっかり結果が見える事でモチベーションも上がります。

収入が入ったら貯金を最優先に

毎月の生活費の余りで貯金するのはオススメできません。まず収入が入ったら先に貯金しましょう。下ろしづらい貯蓄用口座に貯金してしまえばあなたの勝ちです。人間あるものは使ってしまうので使えないように仕組み化することで対策をしていくのが重要です。もし自分の意志では難しいという方は、自動で貯蓄口座へ送金されるシステムを使ったり、「財形貯蓄制度」など会社の給料の天引きのシステムがある方はそれを利用するのもありかと思います。
貯金が終わったら、その月は残ったお金を自由に使っていいと思えるのもメンタル的に良いと思います。最後に残さないといけないと日々我慢を続けたり誘惑と戦いつづけるよりも、結果を先に出して残りは自由という方が使えるお金は同じでも日々の感じ方は違うはずです。

まとめ

いかがだったでしょうか?貯金ができなかった僕が実際にお金を貯められるようになった方法を解説しました。
まとめてみると…
お金を貯める重要ポイント

  1. 目標を決めて無理なく貯金できる計画やルールを決める。
  2. 貯金を使ってしまわない仕組みづくりをする。
  3. 貯金を最優先!貯めると使うを区別しよう。

貯金を考えている方はまずこの3つをポイントにやってみてはいかがでしょうか?
まずは100万円貯めると自信にもつながりますし、お金への考え方や生活も変わってくると思います。「なぜかお金が貯まらない」「これからお金を貯めよう」という方にこの記事が参考になればと思います!

タイトルとURLをコピーしました